top of page

ALSシンポジウム開催

更新日:2022年11月3日

難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)について、一般の方に病気の症状、最新の治療状況などについて理解してもらい、患者さんやご家族の支え方をとらえ直す機会となることを目的としたシンポジウムを開催します。

■日時 11月26日(土)10:00~12:00

■Speaker 畠中一郎氏(すこやかさゆたかさの未来研究所代表・ALS患者・逗子教会員)、武田貴裕氏(国立病院機構千葉東病院脳神経内科医長)、竹内より子氏(ALS患者遺族)

■会場 日本キリスト教団逗子教会

■共催 日本キリスト教団逗子教会、一般財団法人・すこやかさゆたかさの未来研究所

■YouTube配信の申し込みは以下のメールアドレスに、お名前と「シンポジウム配信希望」の旨記したメールをお送り下さい。







閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

能登半島地震・救援献金開始

1月1日に発生した能登半島地震。その被害の大きさと、被災者の方々のお気持ちを思いますと、ほんとうに心が痛みます。主のお支えがありますように、心からお祈りいたします。 また、現地の教会も大きな被害を受けました。とくに輪島教会は、建物が大きく損壊し、全壊指定となる見込みです。教会員の家も被害のない方はいないほどで、2007年の能登半島地震に比べても、被害規模は甚大となっています。 逗子教会ではただちに

bottom of page