しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。
(マタイ5:44-45)



2015/2/21更新


ZUSHI CHURCH



 集 会 案 内
 教 会 紹 介  
 地     図
 説教のページ 
 リ ン ク  集
 聖書の名言  
 なんでもQ&A  

 牧師のブログ
   教会員のページ


〒249-0006
逗子市逗子5丁目12−15
日本キリスト教団
逗子教会
(ずしきょうかい)
牧師 小宮山 剛
TEL 046-873-8724
FAX 046-854-7712

♪京急線新逗子駅南口すぐそば♪

教会宛メール



レント

 教会ではレントの季節を迎えました。日本語では受難節(じゅなんせつ)、四旬節(しじゅんせつ)、大斎節(たいさいせつ)などとも呼ばれます。どうして日本語の呼び方が多くあるのかというのは、キリスト教の教派によって呼び方が違ってしまったのです。
 レントとは、十字架へかかられるキリストの苦しみを自分も共有しようという期間です。どうやってキリストの苦しみを共有するかという方法については、プロテスタント教会ではそれぞれの自発的な意思にゆだねられています。人によっては、物断ちをしたり、喜捨に励んだり、あるいは聖書朗読と祈りの時間を多くとったりということをいたします。そうして少しでもキリストの受難に心を向けようといたします。
 有名なリオデジャネイロのカーニバルが始まると、「ああ、もうすぐレントだな」と気がついたいりします。カーニバルは、レントの期間中は節制をするので、その前に存分楽しんでおこうという習慣ですが、本来は、レントであろうがなかろうがキリストの受難の恵みに思いをいたすものです。
 レントの期間は、灰の水曜日と呼ばれる日からイースター(復活祭)の前日までで、今年は2月18日(水)から4月4日(土)までとなります。レントが終わると、イエス・キリストの復活の喜びの日を迎えることとなります。

東日本大地震の被災地のために祈りましょう!

2011年3月11日から発生した、東日本大地震の被災地に、主の助け、お守りがあるように共に祈りましょう。また、原子力発電所の事故による災害が拡大しないように、作業にあたっている人々のために、祈りましょう。

日本基督教団
日本基督教団 奥羽教区公式ブログ
日本基督教団 東北教区被災者支援センター公式ブログ
東北ヘルプ


2015年2月の当教会の集会予定

〜どの集会も参加できます。〜

■2月1日(
 午前 9:00 教会学校
 午前10:30 主日礼拝
■2月4日(水)
 午前10:30 と 午後7:30 聖書研究・祈祷会
■2月6日(金)
 午前10:00 こひつじクラス
■2月8日(
 午前 9:00 教会学校
 午前10:30 主日礼拝
■2月11日(水)
 午前10:30 と 午後7:30 聖書研究・祈祷会
■2月13日(金)
 午前10:00 こひつじクラス
■2月15日(
 午前 9:00 教会学校
 午前10:30 主日礼拝
■2月18日(水)
 午前10:30 と 午後7:30 聖書研究・祈祷会
■2月20日(金)
 午前10:00 こひつじクラス
■2月22日() 
 午前 9:00 教会学校
 午前10:30 主日礼拝
■2月25日(水)
 午前10:30 と 午後7:30 聖書研究・祈祷会
■2月27日(金)
 午前10:00 こひつじクラス


〜ご参加をお待ちしております。〜
 私たちの教会は、家に訪ねてきてパンフレットを示し「聖書を勉強しませんか?」等と言ったり、輸血を拒否する団体(エホバの証人)とは関係ありません。また、「信じないと地獄に堕ちる」と宣伝カーで言って回ったり、街頭に立ってスピーカーの大音量を流したり、人を脅かすようなパンフレットを配り歩いたり、黒いブリキの板に聖書の言葉らしきものが書いてあるものを家々に張り付けたりする団体(聖書配布協力会)とも関係ありません。また、もちろん「統一協会」とも全く関係ありません。当教会は戸別訪問をして勧誘するようなことをしておりません。

カウンター

2011年4月15日全面改訂